our goal

現状の世界

健常者の世界

障害者の世界

ガラスの壁で仕切られた世界。
障害者側からは、健常者側がよく見えています。
もっと交流したい、障害について知ってほしいと強く願っています。
しかし、「変な目で見られるのでは。迷惑なのでは。」と不安に思い、一歩を踏み出せずにいます。

一方で、健常者側からは障害者の世界はよく見えていません。
この社会の多くは健常者仕様なので、障害者は「見えない存在」にすらなっています。
多くの人は力になりたいと思っています。
しかし、どう接すればいいのかがわからないのです。

弊社の活動

健常者の世界

障害者の世界

そこで「障害児キッズモデル」の出番です。

日常的に障害のある子を見る機会が増えることで、
障害への興味、知識、理解が広がります。

障害があっても活躍できる場があることは、障害者やその家族の希望になります。

変わる世界

そうして少しずつ、障害者にも目を向ける人、企業が増えていきます。
障害者が来店、来園、買い物しやすいような取り組みを始める企業も現れます。

目指す世界

やがて、障害があっても堂々と生きられる社会へと繋がります。
障害のある子がモデルに選ばれる社会は、多様性と希望に溢れる社会です。

障害者にやさしい会社になり
1,000万人のファンを
獲得しませんか?

ご質問、ご相談等ございましたら
お気軽にお問い合わせください